プロフィール

hissan

Author:hissan
盛岡や岩手の道路・鉄道・バスについて載せていきたいと思います。
道路は中学生の頃から、鉄道は幼稚園の頃から、バスは高校生くらいから興味を持ちました。

親ブログ↓
ネイティブ・モリオカン

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

広告

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

盛岡の路線バスに乗るには ~検索編~

全国共通で言えることですが、路線バスは分かりづらい!!
理由は様々挙げられると思います。少し箇条書きで書くと、

・地図に路線が表記されていない。
・路線図がない。
・乗る前だと運賃が分からない。
・このバス停に行くための経由地や行き先が分からない。
などなど・・・。


このような問題がある中、盛岡は30万都市の中でバス路線網は発達している方です。
特に、松園方面は朝夕は5分間隔、昼でも15分間隔は確保されています。
また、平成22年度全国都市交通特性調査で、盛岡のバス分担率は4.9%。全国では比較的高い水準です。

そこで、盛岡地区に特化して、これらの問題を解決するための知識を載せようかと思います。
(地図に路線図がないのはどうにもできませんが・・・。)
具体的には、路線の系統・経由地・運賃・乗り場に関しての知識や調べるホームページを掲載したいと思います。


今回は路線バスに乗るために調べるサイトをご紹介します。
まずは、盛岡市内を走っている路線バス3社のサイトです。

1.岩手県交通
IMG_9418 (640x416)
「県交通」と略されます。
ページ左側の「路線バスのご案内」から盛岡地区の路線を見ることができます。

【良い所】
・各バス停の時刻が全て載っている。
・起点からなら運賃が分かる。
【改善点】
・乗車バス停から降車バス停での検索ができない。
 ※盛岡市バスロケーションシステムで検索は可。
主要地別に最寄りのバス停が書いてあるが、そこに行くための路線が不明。
・運賃が分からない。現状、バスセンターか盛岡駅の窓口か電話で聞くしかない。
・路線名での案内は各々のバスにないため、路線よりバスに書かれている「系統番号」での案内の方が良いと思う。
・路線図があるが、営業所ごとのため、管轄エリア外だと路線図が載っていない。
 ※路線図は岩手県バス協会にありますが、変にpdfで区切られていて見づらいです。

2.岩手県北バス 
IMG_9413 (640x438)
「県北(けんく)バス」と略されます。
上の「路線バス」から調べることができます。

【良い所】
・乗車バス停と降車バス停を入力すればどのバスに乗ればいいか分かる「時刻検索」がある。
・上記検索機能で運賃が分かる。
・主要地への検索もできる。
【改善点】
・路線図がアバウト。
・路線図からの検索だと、全てのバス停の時刻は出ない。

3.JRバス東北
_MG_4914 (640x427)
上の「路線バス」から検索できます。
2路線(早坂高原線と白樺号)しかありませんが、盛岡市内に路線を持っています。

【良い所】
・時刻が全て載っている。
・三角運賃表があるため運賃を知ることができる。
【改善点】
・主要地への検索ができない。

以上、バス会社のサイトでした。次は検索サイトやブログをご紹介します。

【路線図】
盛岡バス路線図
 グーグルマップのレイヤで作成したそうです。路線図は正確ですのであてにできると思います。
岩手県バス協会
 上記に記載しましたが、変に分割されて分かりづらいです・・・。

【時刻・運賃検索機能】
盛岡市バスロケーションシステム
 乗車バス停と降車バス停を入れると時刻表と系統番号が表示されますし、バスの位置も分かります。
 ただ、時刻表で抜けている部分があったり、バスの位置は機器が載っていない車両は位置が分かりません。
 機器は盛岡地区の全ての車両に載せないと。凄く中途半端な感じがします・・・。
エコ乗りガイド
 こちらは時刻と運賃が表示されます。目安にするには良いサイトです。

以上サイト一覧でした。

こんな感じでパソコンから色々調べることができます。


次回はお得なバスきっぷに関して載せようと思います。


ランキング用バナーです。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。