FC2ブログ

プロフィール

hissan

Author:hissan
盛岡や岩手の道路・鉄道・バスについて載せていきたいと思います。
道路は中学生の頃から、鉄道は幼稚園の頃から、バスは高校生くらいから興味を持ちました。

親ブログ↓
ネイティブ・モリオカン

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

広告

RSS

千葉都市モノレールに乗ってきた

ちょうど良く、時間があったこの日。
乗ったことがない鉄道に乗ることにしました。
それは、千葉都市モノレールです。


自宅から日暮里駅に行き、京成に乗車。
津田沼で乗り換え、千葉に到着しました。

千葉からモノレールは、千城台、県庁前、千葉みなとの3方面に路線があります。
最初は、県庁前まで乗車。
車両はこちら。
1Q5A7345.jpg

スマホゲーム「ステーションメモリーズ(駅メモ)」のラッピング車両です。
1Q5A7349.jpg

1Q5A7344.jpg

1Q5A7343.jpg

1Q5A7342.jpg

路線図まで駅メモ仕様。
1Q5A7353.jpg
実は私がここに来た理由も、このゲームをやるためでもあります。

せっかくここまで来たので、周辺を見てみました。
終点なので、軌道が切れています。
1Q5A7352.jpg

駅を出ると真っ先に見えるのは、
1Q5A7354.jpg
駅名のとおり、千葉県庁です。
日曜でしたし、用事がないので、引き返します。

他には、外房線の本千葉駅があります。
東京からくる場合、運賃や所要時間を考えると、本千葉駅を使った方が有利ですね。

モノレールで引き返します。
本数は15分おきです。
1Q5A7357.jpg
ラッピングされていてわかりませんでしたが、まあまあ古い車両でした。

懸垂式モノレールなので、下がはっきり見えます。
高所恐怖症には辛いでしょうね。

千葉みなと駅に到着。
1Q5A7359.jpg

下車し、ポートタワーへ行きました。
ポートタワーの様子はこちら(親ブログ)でまとめています。
http://nativemoriokan.blog.fc2.com/blog-entry-1022.html

千葉みなと駅に戻りました。
1Q5A7396.jpg

千城台行きに乗ります。
こちらはおおよそ12分間隔です。
1Q5A7397.jpg

約30分で千城台に到着。
駅から直結して、ラパーク千城台があります。
1Q5A7400.jpg

入ってみて、フロアマップを見ると、
1Q5A7404.jpg
スカスカ・・・。
現に、この日も閉店セールを数多く行っていて、施設自体が閉まるのかと思いました。
実際は違いました。

雰囲気は、昔のサティみたいですね。
1Q5A7405.jpg
あまり若い人はおらず、寂れた印象でした。
この先、大丈夫でしょうか。

千城台駅に戻りました。
駅には、駅メモのポスターが掲示されていました。
1Q5A7406.jpg
電車に乗っている時に暇つぶしになっていいゲームです。
ただ、電池が減るのと、本を読まなくなる副作用がありますが・・・。
適度に使った方が良いと思います。

帰りは、新しい車両でした。
1Q5A7409.jpg

興味がある方は、ぜひ乗ってみてはいかがでしょうか。

■参照
・千葉都市モノレール
https://chiba-monorail.co.jp/
・ステーションメモリーズ(駅メモ)
https://ekimemo.com/
・ラパーク千城台
http://sc.j-ce.co.jp/lapark-chishirodai/

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



羽沢横浜国大駅に行ってみた

鮮度が古くなったネタを一つ。

11月30日、相鉄線からJR線への直通運転が開始しました。
DSC_0037.jpg

関東の大手私鉄の中では唯一都心に直通していない路線でした。
さっそくどのようになっているか見にいくため、開業から1週間の羽沢横浜国大駅まで行ってみることにしました。

新宿駅2番線から海老名行の電車に乗車。
DSC_0036.jpg

車内のLCD。
今まででは見たことない、JR東日本E233系の海老名行の表示です。
DSC_0038.jpg

定刻通り、13:02出発。
途中、渋谷、恵比寿、大崎、西大井、武蔵小杉に停まりました。
西大井からは、スピードが速く、埼京線車両では普段味わえない感じでした。
約40分ほどで羽沢横浜国大に到着。

側面表示器もこのとおりです。
DSC_0042.jpg
羽沢横浜国大駅に到着後に撮影しました。

駅は半地下構造で、地上に出るには階段を上がりました。
DSC_0043.jpg

発車標を撮影。
DSC_0045.jpg

改札を出て逆側から撮影
DSC_0047.jpg
開業したばかりなので、綺麗でさっぱりとした印象です。

駅構内には、近くにある横浜国立大学の掲示板がありました。
DSC_0048.jpg
「横浜国大ボード」
今後、更新されていくのでしょうか。

外に出てみます。
立派な駅舎です。
DSC_0050.jpg
駅に来ている人は、開業から1週間ということもあり、駅周辺には見物客が多かったです。
あたりを見渡すと、住宅街と貨物駅(横浜羽沢駅)しかありません。
コンビニや商業施設は1軒も見当たりませんでした。

駅名の由来である横国大へ行くには、歩いて10~15分程度かかります。

電車は30分おきなので、すぐ帰ることもできないため、
横国大まで歩いてみることにしました。
DSC_0051.jpg

駅に隣接している敷地。何やら今後建つのでしょうか。
DSC_0053.jpg

歩いた道のりはこんな感じ。
横国大の西門を目指しました。


かなりアップダウンが多い道のりを歩き、到着。
DSC_0055.jpg
15分かかりました。

帰りは北門から出て、羽沢横浜国大駅を目指しました。

地図のゴールのあたりから歩道橋があるため、
北門経由ですと、10分で行けました。

途中、貨物駅を見下ろすスポットがあります。
DSC_0058.jpg

貨物駅を見ると、コンテナが多く積まれている様子が見られました。
DSC_0061.jpg

DSC_0063.jpg

振り返ってみると、長い歩道橋でした。
DSC_0064.jpg
こっちを通ったほうが北門は近いのですが、
住宅街を抜けるので、こちらはあまり進められていないようです。
まあ、西門への道も住宅街なのですが・・・。

また、駅の近くは環状2号という幹線道路が通っていて、駅へのアクセスは抜群によいです。
DSC_0065.jpg



駅の中に戻ります。

駅舎内では、相鉄開業100周年記念PRで使われた服やセットが展示されていました。
DSC_0071.jpg


PR動画、Youtubeにアップロードされているので、見てみてください。
映像も音楽もいいですよ!


改札の中に入ります。

新宿方面のホーム。
こちらの駅名標、よくよく見ると少し変わっていることに気が付きます。
DSC_0080.jpg

そう、タモリさん達のサインがあるのです。
DSC_0082.jpg
11月22日、29日放送のタモリ俱楽部における企画で、駅名標にサインを書くことをしていたので、
それが実際に展示されているのを見ることができるわけですね。

ホームのボードにある時刻表を見ると、まだまだ少ないですね。
DSC_0083.jpg
今後の利用者数に応じて変わることが考えられます。

ホームはこんな感じで、ホームドア設置された標準的なものです。
DSC_0087.jpg

ほどなくして、電車が来ました。
新宿方面に行き、そのまま帰りました。

2022年には、東急東横線日吉駅につながるようになり、羽沢横浜国大駅は重要度が増していきます。
特にこの開業では、渋谷方面に関して言うと、現在のJR経由より短い距離であること、途中、新横浜駅を経由するので、そちらのほうが利用者は多そうな気がします。
今後、どのように発展していくか、注目です!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

城南島で撮影

9月29日、大田区の城南島で飛行機撮影をしてきました。
今回は、ラッピングしているものを中心に載せます。

運行会社:日本航空(JAL)
機体記号:JA01XJ
機材   :エアバスA350-900
1Q5A5215 (800x533)
2019年に入った最新鋭の機材です。

運行会社:スターフライヤー(SFJ)
機体記号:JA20MC
機材   :エアバスA320-200
1Q5A5222 (800x533)

家族連れが多い休日。
子供たちは飛行機の近さと音で、喜びそうです。
1Q5A5229 (533x800)

運行会社:エバー航空(EVA)
機体記号:B-16336
機材   :エアバスA330-300
1Q5A5254 (800x533)
台湾の航空会社です。

運行会社:日本航空(JAL)
機体記号:JA601J
機材   :ボーイング767-300
1Q5A5275 (800x533)

運行会社:日本航空(JAL)
機体記号:JA773J
機材   :ボーイング777-200
1Q5A5296 (800x533)

時より見せる巨大な船も撮影したくなります。
1Q5A5321 (800x533)

運行会社:スカイマーク(SKY)
機体記号:JA73NQ
機材   :ボーイング737-800
1Q5A5340 (800x533)

飛行機撮影、勉強したいですね。
まずは、著名な人の写真集を見てみましょうか。

ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村

【雑学】都内の鉄道の両数

今回は、タイトルの通り、雑学を載せたいと思います。

東京都内を運行する鉄道の編成について、1両から17両まであるのでは?と思い、思いつくものを挙げたいと思います。

1両:都電荒川線
2両:東武亀戸線、東武大師線
3両:東急多摩川線、東急池上線
4両:京成金町線、京急の各停、西武多摩湖線、西武多摩川線、西武国分寺線
5両:東急大井町線(各停)
6両:東京メトロ銀座線・東京メトロ丸ノ内線・東京メトロ南北線、京成本線(一部)、都営三田線・・・など多数
7両:東急大井町線(急行)、東京メトロ日比谷線(一部)
8両:JR武蔵野線、都営新宿線・都営大江戸線、東京メトロ副都心線(一部)・東京メトロ日比谷線(一部)
9両:特急あずさ・かいじ
10両:JR中央・総武線、JR京浜東北線、都営新宿線(一部)、東京メトロ東西線、東京メトロ千代田線、東急田園都市線・・・など大多数
11両:JR山手線、JR総武快速線
12両:特急あずさ、成田エクスプレス、上越・北陸新幹線E7系
13両:(なし)
14両:サンライズ瀬戸・出雲
15両:JRの中距離電車(宇都宮線、高崎線、常磐線、東海道線、総武快速線)
16両:東海道新幹線
17両:東北新幹線(E5系+E6系、E5系+E3系)

こうしてみると、輸送力に応じて編成両数が変化しており、様々な路線の性格があることが分かります。
13両は、全国で見ても、黒部渓谷鉄道のトロッコ列車くらいのようです。

この他にも挙げていないものも沢山あります。
鉄道の路線数・車両数の多さに圧倒されるばかりです。

これは取り上げてほしいというのがあれば、コメント欄にお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

西武線乗り潰し旅

この日、9月14日(土)は、都内区間(一部埼玉)の西武鉄道を乗り潰しました。
東急のようなフリーパスはないため、全てsuica払いで行いました。
池袋からスタート。

池袋→(池袋線)→西所沢
西所沢→(狭山線)→西武球場前

この日、デーゲームがあったため、電車は混雑していました。
私は、西武ドームに向かわず、山口線へ行きました。

1西武球場前→(山口線)→西武遊園地
1Q5A4782 (800x533)
山口線は、民間で数少ないAGTの路線です。
車両は普通の電車より小さく、車内は狭めです。
1Q5A4784 (800x533)

西武遊園地からは、多摩湖線に乗車。
4両編成でローカルな雰囲気です。
1Q5A4785 (800x533)

西武遊園地→(多摩湖線)→萩山
※ちなみに、西武鉄道には、多摩"川"線もあり、こちらは武蔵境~是川を走っています。
  位置が違うので、言い間違いにはご注意を。

萩山からは、国分寺行きに乗り換えです。
国分寺から来た電車が、折り返し国分寺行きとなりました。
1Q5A4787 (800x533)
萩山→(多摩湖線)→国分寺

国分寺で、昼休憩をしました。
ここから、撮影する気を失っていました。
以下の路線は、文字だけにします。

国分寺からは、国分寺線に乗車し、拝島線で拝島に立ち寄った後、本川越を目指しました。

国分寺→(国分寺線)→小川
こちらも4両編成。

小川→(拝島線)→拝島
こちらは、新宿に直通していることもあり、10両編成での運転でした。
しかも、拝島まで多くの乗客がいました。
沿線に住宅が張り付くのが影響していそうです。

拝島→(拝島線)→小川
小川→(国分寺線)→東村山
東村山で、新宿線に乗り換え、川越を目指しました。

東村山→(新宿線)→本川越

川越では、蔵の街を歩きました。
土曜日だったので、かなりの人で賑わっていました。
1Q5A4788 (800x533)

1Q5A4789 (800x533)

1Q5A4792 (533x800)

珍しい外観のスタバです。
1Q5A4796 (800x533)

この建物、国の登録有形文化財だそうです。
1918年に建てられ、現在は埼玉りそな銀行の川越支店となっています。
1Q5A4797 (533x800)

街灯には、東京オリンピックの開催地であることが書かれていました。
1Q5A4800 (800x533)

蔵の街を1時間ほど見て、本川越駅に戻りました。
1Q5A4801 (800x533)

最後は、ここからニューレッドアロー(NRA)で一気に西武新宿へ行きました。
1Q5A4803 (800x533)

1Q5A4805 (800x533)
小江戸号で、西武新宿へ。
本川越→(新宿線)→西武新宿

今回、多摩川線と西武園線、豊島線、有楽町線に乗っておらず、完全制覇とはなりませんでしたが、
いつか、乗る機会があれば、行きたいところです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
≪前のページ≪   1ページ/36ページ   ≫次のページ≫